« 百済王族の血筋はセコくてショボイ | トップページ | 藤原氏の、藤原氏による、藤原氏のための、天皇制はいらない »

異国日本の地で、ほとんどお互いだけで婚姻を続け、差別対称の日本人の血ができるだけ入らぬように、百済王族の血を守ってきた藤原氏と天皇家

 百済王族天皇の母はほとんどが藤原氏の出身か、皇族。

 藤原氏の母は、ほとんどが藤原氏か、皇族。

 ずっと百済王族天皇家も藤原氏も、父方、母方、ともに百済王族の血筋で貫くよう縁談を行なってきた。

 これは、卑しい日本人の血など、なるべく入れたくない、尊い百済王族の血をなるべく濃いままに守りたい、という百済王族の血筋にこだわる心の表われだろう。

 藤原氏と天皇家は、異国日本の地で、自分達だけは血筋が尊い、という共通意識を持っているのだろう。

|

« 百済王族の血筋はセコくてショボイ | トップページ | 藤原氏の、藤原氏による、藤原氏のための、天皇制はいらない »

書籍・雑誌」カテゴリの記事